審査が一番早い消費者金融

今日中に10万円ならプロミスがおすすめ

私が今まで借りた中で経験上、一番早く借りれたのはプロミスです。

10万円を最短で借りるならプロミス

おすすめする理由は、ネットで予約、自動契約機で借り入れという流れでいくと、最短で1時間半くらいで10万円を手にすることができます。

ただし、早く審査を済ませるにはネット環境がそれなりに揃っている必要はあります。

まず、今ネットを見てるということはインターネット環境は大丈夫ですね。
その次に、スマートフォンはあれば便利です。なぜなら身分証明書をカメラで撮影して送ることができます。
通常これは郵送でのやりとりですが、画像でデータを送るとそのぶんをショートカットできます。
特にスマホがある方はアプリを使えばさらに手軽に身分証明書を送ることができます。
10万円の場合だと、プロミスなら収入証明書が必要ありません。これも審査時間を短縮できる秘訣のひとつですね。
他にも多様なサービスを提供している会社はあると思いますが、大手で安心して利用できて、なおかつ無利息30日のサービスがついているのはプロミスだけです。
一定の収入さえあれば、主婦でも借りれるキャッシングです。なので、ますます女性の人気を集めているキャッシング会社の一つです。

業者選びで現金を手にするまでの時間が違ってくる

審査が一番早い消費者金融はどこ? 給料日前になるともう10万円あればなぁと思うことが多いサラリーマンや主婦、バイトの方も多いはず。では、10万円借りるために審査が早いキャッシング業者を選ぶ基準は何でしょうか?
まず一つ目は、審査の時間が短いことです。
審査の時間が長ければ長いほど、申込に時間がかかります。
今はコンピューターの自動審査のシステムがあるので、短い所だと30分かからずに審査の結果が返ってきます。

もう一つの条件は、インターネットでの申込ができるキャッシングです。
実際キャッシングの申込に早くいきたいが、中々時間が取れないという場合もあります。
さらに、指示に従って必要事項を入力したり、メールを送ったりするだけで済んでしまうので、早いです。
職場への電話確認なし、郵送での書類のやりとりもなしという業者も現れ、ますますお金を手にするまでの時間が短くなっています。
中には、スマホアプリが使えるキャッシングもあります。


最後に、即日キャッシングに対応している金融会社かどうかです。即日融資のポイントはできれば、午前中、遅くとも15時までには申し込みを完了させることです。
入金の時間の関係上、いくら即日のキャッシングが可能と言っても、それまでに手続きを終えないと入金は次の日になってしまいます。たかが10万円、されど10万円。業者選びであなたの明日がかわるかもしれませんね。

1時間以内に10万円を用意するなら?

もしも1時間以内に10万円を用意しなければならないとしたら、あなたならどうしますか?
手元に現金が無く、銀行口座にもお金が入っていなかったら、どうやってお金を用意したらいいのでしょうか。
普通に考えると、クレジットカードのキャッシングが最も確実で簡単な方法だと思います。
しかし私はクレジットカードのキャッシング枠を0円に設定してあるのです。
キャッシングを利用する事もできません。


というわけで、私なら自宅にある各種ゲーム機とゲームソフトを持って中古ゲーム屋に駆け込みます。
私はゲームが趣味なので、我が家にはゲーム機やゲームソフトがたくさんあるのです。
ゲーム機本体は、PS3、PS2、WiiU、ニンテンドー3DS、ニンテンドーDS、PSVita、PSP。
あとは各種ゲームソフトがあわせて30本くらいあります。

これで10万円に届きますかね?
買取業者さんのサイトでざっと計算してみたところ、なんとか目標の10万円に届きそうな感じです。
しかし10万円を用意するのってとっても大変な事なんですね。
10万円とは、私の宝物を全部処分してやっと届くような大金なのだと思い知らされました。

友達や親に金を借りるのも限界がある

その他の方法としては、あたり構わず借りまくることが手っ取り早く10万円を集められると考えます。
あたり構わずというのは勤めている会社の社員、付き合っている人がいるならその相手から、親にももちろん、友達にももちろん、片っ端から連絡をとってお金を貸してくれるように頼みます。
しかし、お金を貸して下さいとお願いするときに気をつけなければいけないことがあります。
それは、いきなり1人から高額なお金を借りることを請求するのではなく、少額を多数の人から借りるという形式にすることです。

例えば、自分のところに友人からいきなり10万円かしてくれと言われたらどうしますか?
急にそんな金額を言われても即答でいいですよなんて言って10万円を渡すことなんてできないと思います。
ですが、逆に千円や二千円などといった少額ならば、お金を貸す方も心理的に貸しやすくなります。親や普段から仲のいい友達からはもう少し高めのお金を頼んでもいいかもしれません。